このページの先頭です
人間の知能や行動をモデル化し未踏の問題を解決 ベイジアンネットワークによる行動予測・推薦エンジン
ホーム > 事業概要 > モデライズのコアコンピタンス

モデライズのコアコンピタンス

モデライズでは、産総研の長年の研究成果である

  1. ベイジアンネットワークの構築を自動化・容易化する技術
      (モデル化技法、ソフト、特許、ノウハウ)
  2. 構築したベイジアンネットワークモデルを活用し、個人や集団の行動や社会・経済・環境動向を予測する技術
  3. アルゴリズムやグリッドコンピューティングなどによるモデルの高速化技術
  4. モデルの最新データによる継続的自動更新・学習による精緻化

をコアコンピタンスとしています。

より的確なヒューマン・モデルを構築するためには、様々な要因により日々変化する人間の行動要因を、当該人物の周辺環境、社会環境や経済環境を踏まえ、正確にモデル化することが求められます。
このように高度な問題を、モデライズはコアコンピタンスの活用により、モデライズ独自の行動予測エンジンを
開発し、個人や集団の行動や社会・経済・環境動向のモデル化と当モデルを活用した予測をお客様に提供しています。