このページの先頭です
人間の知能や行動をモデル化し未踏の問題を解決 ベイジアンネットワークによる行動予測・推薦エンジン
ホーム > 会社案内 > 社長挨拶

社長挨拶

人の心をより深く理解したスマートなサービスを追求して

モデライズは、公的研究機関である産業技術総合研究所の10年間の研究成果である、ベイズ理論・ベイジアンネットワーク技術を拡張した人工知能技術を広く社会に役立てるために生まれました。ベイジアンネットワーク技術は、人間の知能や行動を計算モデル化してコンピューティングをスマート化する最強の技術と国内外で言われています。モデライズの基本理念は「知能や行動を高度にモデル化することにより人や法人のニーズを深く理解し、スマートな最高のサービスを提供することによって快適で豊かな世界を実現すること」です。

代表取締役社長兼CEO 高村 淳

私は学生時代からコンピュータの永遠のテーマと言われる人工知能に惹かれ、コンピュータ誕生以来半世紀以上を経ても未だ満足に実現できていないような、自分で何か面白いことを考えたり、感情を持つようなスマートなコンピューティングに興味を持ち仕事上でも関わり続けて来ました。モデライズは、ベイジアンネットワークを拡張した先端技術を駆使し、他の必要な技術と組合せ、様々な分野で未踏の高度な問題を解決していきます。個人や法人の心をモデライズ(モデル化)して深く理解し、それぞれのニーズを満たす最適な最高のサービスの提供を目指します。

当面のゴールとしては、近年データ量が爆発的に増加し量ばかりではなく質も変化しているビッグデータの効果的な活用が社会的に重要な課題となって来ており、このようなビッグデータ時代の期待に応える真に効果的でスマートなデータ活用技術・サービスを社会に提供致します。従来型の構造化データが変貌・進化したビッグデータの活用には従来技術のみでは期待に対して効果は限定的であり、上記のようなより高度なデータ活用/データサイエンス技術が必要となってきています。進化し続ける大規模で多様なデータを活用して顧客や法人企業の計算モデルを長年拡張・蓄積してきた弊社の技術により構築し、ビッグデータを効果的・スマートに活用する知能化技術・サービスを提供するナンバーワン企業を目標とします。

このような人の心を深く理解した計算モデル・コンピューティングにより、高度なマーケティングやユーザ向サービス等個々の顧客やユーザーにとってはより満足度が高くまた法人企業にとっては業績や企業活動を最大化するような、社会をより豊かにするスマートなサービスを今後も提供し続けていきたいと考えております。

2013年1月 モデライズ株式会社 代表取締役社長兼CEO
高村 淳